ホーム > カナダのワーキングホリデー > カナダから来た外国人サラリーマン イアンの叫び! > Ian's Scream.13

外国人サラリーマン イアンのいいやん!Scream.13

日本語ペラペラのカナディアン!イアンが感じた日本人達への心の叫び!

Scream.13 日本は結構さみしい国。

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

外人にとって日本は結構さみしい国やわ。

言葉の壁は一番大きいと思うけど、それは外人がちょっと頑張らなどうしようもない。俺の経験では、日本語は上手じゃなくても、自分から話せば相手にしくれる人は多い。でも、外人に近づきたくない人も多い。

いろんな理由で外人は無計画、無礼、むちゃくちゃなものや思ってる人も多いと思う。全体的に外人のイメージは結構ひどいからやりにくいところもある。俺は上手くやってる方で、そこまで文句はないけど、外人やから冷たくされたり、無視されたりする時もある。

逆に、変に優しく扱われたり、大したことしてないのに褒められたりもする。

それは余計寂しく感じる。外人という理由だけで褒められるというのは辛い。「どう頑張っても、日本では仲間外れや」と思っている外人が多い。だから逆に、怒ったり、文句言うたり、自分の国でもしない余計なことしたりすると思う(ただの悪いやつももちろんいるけど)。それで、イメージをさらに悪くするし、もっとやり辛くなる。

アホな繰り返しになる。

その上に、全体的に日本の世界を見る目は広くないと思う。マスメディアが見せる以外の世界を知らん過ぎる。そのせいで、独特な世界観を持ってしまうというか、「同じ世界を見てんのか!?」と思うぐらい変わった世界観を持つ人が多いと思う。

ま、その代わり、日本に住んでるのに日本語を本気で覚えようとしないで、「何で英語わからんねん」って偉そうな態度とる外人も多い。

日本語で簡単なことをしゃべて、日本人に「すごい!」と褒められるとええ調子に乗るアホもおるし。日本に対して変なイメージを持ってる外人もめっちゃくちゃ多い。イメージいうのはどっちも責任があるけど、どっちかいうと外人が責任を持ってええようにイメージを変えようとしないと、このアホアホ繰り返しはつづくと思う。

ここは日本やから。

外人は日本に来て自分の国でやってたと同じようにして、日本人に合わせてもらおうとしたらアカン。

日本社会、日本の生活に対して文句ばっかり言うなら「何で日本におんねん!?」と俺は思ってしまう。外人のイメージは悪いというのは外人だけのせいやないけど、イメージを変えるのは外人しか出来ないやろ。

外人の生活を楽にするのは日本人の仕事やないし。外国で住む辛さを全て相手のせいにしたらアカン。

自分から来たやろ?

日本に住みたいなら頑張れ!合わせるのは日本人ではなく、外人が合わせないかん。

だって、日本やもん。

自分の国じゃないからこそ「俺を認めろよ!」とうるさく戦うより、相手が認めたくなるように思わせるべきや。だから外人の責任。

ま、日本に住んでるこの外人はそう思ってるけど。

だから俺はこの意見を日本語で伝えようとしてる(ちゃんと伝わってるかな?笑)。

日本語で伝わらない時はもちろんあるし、英語にした方が楽やけど、日本で日本人に対していうなら、日本語でしないと意見を出す権利がないと思う(日本語なら、何言ってもいいという意味ではないけどね)。

何でこんな話してるかいうと、貴方が外国に行く時に考えて欲しいから。俺はカナダにいる時から日本人からよく聞いてたムカつく一言がある。それは、なんか気に入らんことがあった時に、「日本ではありえな〜い!」という文句。外国に行くと「ありえない」って感じることはよくあると思うけど、「日本では」を付けるとなめてると思う。

だって、日本やないもん。

世の中、日本は一番正しいと思うか?

自分なりの日本は世界中の人達の見本か?

アホかっちゅうねん!日本を出た瞬間に日本はどうなってるのか関係ないようになった。外国着いた瞬間に、自分は客、いわゆる「外人」になったから。「日本ではありえね〜」と感じてても、そんななめたことを口にしたら良くない。

世界観を広げるには、今までの世界観にとらわれずに、新しいものを受け入れるようにならな無理。

それはもちろんいいことも悪いこともある。

いいと思うことだけ受け入れて、気にいらんことを認めないで「ありえね〜」というなら「帰れ〜」と言われるよ。外国に行ったら辛いことも、怖いことも、寂しいことも、凹む時もある。

でも、日本にも、地元にもないか?

観光客などは違うけど、ワーホリ、留学生、移民の人はもうちょっと頑張らなあかん。外国行く前に心準備しなはれ。行ってからは広い目で見なはれ。そして、外国にいる間は出来るだけ合わしなはれ。

そうすると、それぞれの生き方があるにしも、結局人間というのはそんなに違うことないと気付くと思う。

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む