損をしない、注目の海外送金システム《円送金》

日本から学費や生活費を送金しようとしている皆さんへ!
オーストラリア・ニュージーランドにワーキングホリデーを考えている皆様へ!

《円送金》は、安全でしかも大きく節約ができます。
※カナダへの円送金システムは現在取扱はありません。

海外送金のウラワザ《円送金》のシステムと方法。

円送金ってなに?(生活費の事前送金)

日本から、オーストラリアまたはニュージーランドへ生活資金等の送金予定がある方に、ぜひ注目して頂きたいのが今回ご紹介する「円送金」です。

日本からオーストラリアまたはニュージーランドに送金する場合、通常は銀行でまず日本円をそれぞれの外貨(オーストラリア ドルまたはニュージーランド ドル)に両替してから送金が行われます。

この時、日本の銀行のレートが使われるため少々不利なレートでの両替となってしまいます。

不利なレートというのは、KVBの為替レートとの比較になりますが、日本の銀行でのオーストラリア ドルやニュージーランド ドルの取引量が少ない事が要因として挙げられます。

ところが「円送金」を使い、KVBを仲介して送金を行うと、KVB独自の非常に良いレートでの両替が可能となります。

なぜKVBの為替レートが良いのか?

KVBは、オーストラリアやニュージーランドでの円の取引量が多い事と、KVBが莫大な金額量の外国為替取引を行っているためです。

《円送金》は、日常で行われている普通の送金方法です。

手続きはとても簡単。銀行へ行って円での海外送金を頼むだけです。

弊社でも、毎月の各国各都市への送金は、このKVBの円送金システムを利用していますし、弊社のプランで渡航される皆さんにご利用いただいております。

不安な方や、手続きが難しいと思われるかもしれませんが、ご出発前の最終オリエンテーションでは、弊社スタッフが銀行まで同行して、円送金お手続きのお手伝いもしています。

あなたもこの新しい送金方法を使って、ぜひ大きく節約してください。

節約したお金で、新しいスーツケースやデジカメが買えるなんて事も充分に可能です。円送金であなたの留学やワーキングホリデー生活をより充実したものにしてください。

《円送金》利用時のご注意

円送金で得をするためには、実際にKVBと銀行の為替レート(TTSレート)で換算してみて、その差額をチェックするようにしてください。
そして、円送金にかかる送金手数料と銀行が求める通常の送金手数料の差額も算出してみると、一目瞭然で損得がハッキリします。

要は、送金額が多ければ多いほど、その分の為替レートの差額が大きく発生しますので、得をするということになります。

目安ですが、50万円以上送金する予定であれば、約1万5千円程度お得になります。

ご案内

お金の事ですから、不安な事もたくさんあると思います。
いつでもお気軽にご相談ください。

・・・・・・・・・・このページのトップへ・・・・・・・・・・

送金方法のアレコレ(現地へのお金の持っていき方)

現地へのお金の持っていき方はこんなにたくさんの方法があります。

海外生活を始める上で頭を悩める事のひとつが、どうやって学費を送ったり、生活費を持ち込んだりしたら一番お得なのか、ということです。

どのような方法があり、どれが最良なのか、ウラワザ送金術をご案内します。
お悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

まず日本・オーストラリア・ニュージーランドにおける通貨の重要性およびKVBと日本の銀行のレート差を簡単に比較してみましょう。

オーストラリア・ニュージーランド国内)

日本円は主要取引通貨のひとつであり、取引量も多く適用される為替レートも非常に良いです。

通常送金の場合、$1につき1〜2円程度、日本の銀行のレートに比べると有利で、現金にいたっては、なんと7〜8円も有利です。

日本国内

オーストラリアドル、ニュージーランドドルは取引量も少なく、マイナー通貨として扱われており適用される為替レートは非常に悪いのが現状です。

結論を言うと、日本で両替はせずに、オーストラリアドルへの両替はオーストラリアで、ニュージーランドドルへの両替はニュージーランドで換金したほうが、レートの面でとても有利だと言えます。

お金の持ち込み方法・・・・・メリット・デメリット

では、どういう持ち込み方法があり、どういうメリット・デメリットがあるのか、ここでご案内いたしましょう。

現金

すぐに使用できるが、紛失・盗難の際は、手元に戻ってこないリスクが高い。
また両替するときに適用されるレートが一番悪い。

旅行小切手(トラベラーズ・チェック)

購入時に金額の1%(銀行または取扱店によって異なる)の手数料がかかる。
使用時に手数料がかかったり、身分証明書の提示(パスポートの提示)を求められたりする時がある。
利用場所も限られるが現金よりも両替レートは良いし、紛失・盗難にあったときに再発行が可能。

海外送金(豪ドル・ニュージーランドドルによる送金)

銀行を通して電子的に行うため、紛失・盗難の恐れはなく、適用されるレートは一番良い。(TTSレート)
平均4,000の送金手数料がかかる。

海外送金(円による送金)

銀行を通して電子的に行うため、紛失・盗難の恐れはなく、適用されるレートは一番良い。
平均5,000円から6,500円の送金手数料がかかる。

送金額にもよるが、現地換金のため為替レートが大きく違うことにより送金手数料分を差引いても、両替時の手元に残る金額が断然に多い。。

クレジットカード

気軽に使えるが、学費や生活費を送るには向かない。
決済に適用されるレートが請求が来るまで不明で、かつレートは銀行よりも悪い。

トラベル・マネー・カード

クレジットカード同様気軽に使えるが、ほとんどのカードに1日の上限引き出し額が設定されているうえ、利用する度に手数料が課せられる。

送金小切手

多額の支払いには向いているが、現金化するまで時間がかかるので、生活費として持ち込むには向かない。
また、発行手数料がかかり、両替レートは通常旅行小切手と同じものが適用される。

インターナショナル・カード

大手都市銀行では、海外でも利用できるインターナショナルカードもある。
現地で利用する最、ATMの設置数の少なさ、引出し手数料や紹介手数料など、利用するたびに100円〜200円の手数料が取られ、上限の引出し額も設定されている。
さらに、為替レートが銀行で通常に設定しているレートよりも1円〜2円高い。

お金の持ち込み方法オススメの方法

以上のように持ち出し方法には様々な手段があります。
それぞれのメリット・デメリット、かかるコスト、両替時のレートを考えたうえで、以下の方法をお勧めします。

学費の送金

学費となるとある程度まとまった額になるので、手段としてはトラベラーズ・チェック、オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドルによる海外送金、日本円による海外送金、そして送金小切手が考えられます。

通常、学費は入国前に支払いを済ませる必要があるので、トラベラーズ・チェックは必然的にはずれます。
署名・副署名後のものを郵送するという手段もありますが、万が一紛失した場合払い戻しの対象には通常なりません。

残る方法は豪ドル、ニュージーランドドルあるいは日本円による海外送金と送金小切手による方法になりますが、豪ドル・ニュージーランドドルによる海外送金と送金小切手は日本の銀行の悪いレートで両替されてしまうので除外します。

そうすると最後に残った、まとまった額を良いレートで両替できる円送金が学費の送金に一番適した方法といえるでしょう。

ただし現地入りしてから支払いができるのであれば、ある一定の額までは円のトラベラーズ・チェックで持ち込み、入国後KVBレートで換金して支払うほうがよりお得となります。

生活費の送金

生活費も学費同様ある程度まとまった額になるのなら、円送金または円のトラベラーズ・チェックがお得です。

KVBでは送金いただいた円を円のまま、またはオーストラリア・ドルやニュージーランド・ドルに換金して、お客様がオーストラリアやニュージーランドに入国するまで保管することもできます。

引き出しは入国後、現金、送金、小切手のいずれかの方法で可能です。
また一部は送金、残りは保管などということもできます。

オーストラリア・ニュージーランドの銀行口座ができるまで現金を持っていたくないお客様や、レートを見極めたいお客様にご好評いただいております。

到着後すぐに必要なお金

空港からの交通費、当座の生活費として現金が必要な方には必要最少限のオーストラリア・ドルと日本円のキャッシュを持ってくることをお勧めします。

オーストラリア・ドルの購入は多くの日本の銀行で可能ですし、日本円を持ち込んでもオーストラリアやニュージーランドでは問題なく現地通貨に換金できます。

ただしこの際気をつけることは、とても高いレートを設定している両替商もあるので、日本円をオーストラリア・ドルにするときはKVBを賢く使うことです。

KVBのレートは通常日本の銀行に限らず、現地銀行や両替商のレートよりも有利です。

結論として

1.日本円から現地通貨への両替は日本でではなく、オーストラリア・ニュージーランドで行う。

2.まとまった額(50万円以上)の学費・生活費は円送金で送るか、円のT/Cで持ち込む。

3.日本円を持ち込んだ場合、レートの悪い両替商は避ける。

ご案内

お金の事ですから、不安な事もたくさんあると思います。
いつでもお気軽にご相談ください。

・・・・・・・・・・このページのトップへ・・・・・・・・・・

たかが送金。されど送金。KVBの円送金はこんなにお得です!

KVBの円送金はこんなにお得!〜他銀行との比較〜

たとえば《50万円》をオーストラリアへ送金したい場合。
2009年12月24の各銀行のTTSレートは以下になります。

KVBのTTSレート/A$1=¥81.40

三菱東京UFJ銀行のTTSレート/A$1=¥82.73

みずほ銀行のTTSレート/A$1=¥83.23

三井住友銀行のTTSレート/A$1=¥82.11

ANZ銀行のTTSレート/A$1=¥82.90

CITI BANK銀行のTTSレート/A$1=¥81.60

KVBを利用して2009年12月24日に円送金したAさんの場合。

¥500,000÷81.40(為替レート)=A$6,142.50になり、
現地では、A$6,142.50が受け取れます。

※送金手数料として¥4,000+円建て送金手数料¥2,500が別途かかります。

※送金手数料は三菱東京UFJ銀行の送金手数料を例としてご案内しています。

三菱東京UFJ銀行でAさんと同日の12月24日に海外送金したBさんの場合。

¥500,000÷82.73(為替レート)=A$6,043.75になり、
現地では、A$6,043.75が受け取れます。

※送金手数料として¥4,000が別途かかります。

三菱東京UFJ銀行の為替レートで送金するので円建て手数料はありません。

※送金手数料は三菱東京UFJ銀行の送金手数料を例としてご案内しています。

《差額》 A$6,142.50-A$6,043.75= A$98.75の差額が出ます。

単純に、A$98.75×82.73= ¥8,169もお得です。

円建手数料¥2,500を引いても断然お得なのが一目瞭然です!

これは、現地での約1週間分のお昼代に相当する金額ですね。

お金の事ですから、不安な事もたくさんあると思います。
いつでもお気軽にご相談ください。

・・・・・・・・・・このページのトップへ・・・・・・・・・・

KVBってどういう会社?

KVBは、数億ドル超の取引量を誇る金融会社で、オーストラリア証券投資委員会が発行するファイナンシャル・ライセンスを保有する正規外国為替ブローカーです。

このライセンスは、当局の厳しい審査をパスした金融サービス会社のみに発行されるものです。

KVBの本社があるニュージーランドでは、ニュージーランド証券委員会の許可の下、ニュージーランド・フューチャース・アンド・オプション・エキスチェンジ・リミテッドが発行する、ファイナンシャル・ライセンスを保有するパブリック・ブローカー/トレーディング・パーミット・ホールダーです。

パブリック・ブローカー/トレーディング・パーミット・ホールダーは、ニュージーランド国内で8社しかおらず、うち5社は銀行です。

24時間態勢のディーリング・ルームを保有するKVBは、両国を拠点とする法人と個人客に対し、日本語、中国語、英語によるきめ細かいサービスをグローバルに提供しております。

KVBのサービスで特筆すべき点は、固定レートを採用する銀行や両替商に比べ、為替市場の動きに合わせて常時変動する「リアル・タイム流動レート」を採用していることです。

リアル・タイム流動レートとは、実際の市場レートに、レートを提供する側が最小の利幅を持たせて、通常は輸出入業者や為替投資家などの大口客に対してのみ適用するレートのことで、一般の固定レートに比べてとても割りの良いレートなのです。

正規外国為替ブローカーのリーディングカンパニーとして、またマーケットリーダーとして、KVBはあなたの海外生活の資金をサポートします。

KVBリーフレット PDF版はこちらからご参照ください。

KVB会社沿革

社名 KVBクンルン

英文名 KVB Kunlun

web www.kvbkunlun.com/jp(日本語サイト)

創立 2001年9月

資本金 7億円

出資会社 Huizhong Holding ( Hong Kong ) Company Limited

代表取締役 Howard Wilcox

事業内容 外国為替取引業務

主たる業務 外貨窓口両替、海外送金、外為先物・オプション取引の仲介、ファンドの販売、投資プランの立案、リサーチ・分析

ライセンス Public Broker 、Trading Permit Holder 、Australia Financial Services License

取引銀行 Westpac Australia 、The National Bank of New Zealand 、American Express 、Commonwealth Bank Australia

本社 ニュージーランド KVB Kunlun New Zealand Limited

所在地 Level 10, Arthur Andersen Tower 205 Queen Street Auckland 1001 New Zealand P.O. Box 105438 Auckland Central

TEL 64-9-359-8986(日本語直通)

Fax 64-9-359-8989

E-mail jp@kvbkunlun.com

支社 オーストラリア支社 KVB Kunlun Pty Limited

所在地 Level 18, Citigroup Centre 2 Park Street Sydney N.S.W.2000 Australia

TEL 61-2-8263-0186(日本語直通)

Fax 61-2-8263-0189

E-mail jpau@kvbkunlun.com

お金の事ですから、不安な事もたくさんあると思います。
いつでもお気軽にご相談ください。

・・・・・・・・・・このページのトップへ・・・・・・・・・・

円送金の手順と方法

現地にお金をどうやって持っていくか、
という非常に大切な事について、お得なお金の持っていき方についてのご案内です。

まず、銀行口座は現地到着後に現地銀行の口座を開設するのですが、
出発前に、日本からKVBへ、円のまま生活資金を送金しておき、
KVBにてお金を保管・管理してもらうシステムになります。

わかりやすく言うと、現地にお金を持っていく際の方法として、一番お得な便利屋さんとしてKVBを利用します。

KVBは外国為替の専門のリーディングカンパニーですから、日本の銀行に比べてオーストラリアドル、ニュージーランドドルの取扱高が非常に高いため、日本の銀行が設定しているレートよりも、ずっとよい最良のレートで換金ができるのです。

流れとしては以下の要領になります。

オンラインで申し込み申請をした後、
日本からKVBへ、円のまま直接送金する(ご出発の1週間前程度)
 ⇒

日本から送金したお金をKVBで保管してもらう。
(KVBから保管証明をメールで発行します)
 ⇒

現地に行ってから銀行口座を開設する ⇒

KVBで現地通貨に換金したお金を、現地で開設した銀行口座へ振り込んでもらう。

という流れになります。

あくまでも、生活資金(学費等)の現地への持込の手段として、また日本円の送金手段として、為替レート差で得をする事を念頭に、換金する機関としてKVBを利用するもので、現地でのお金の管理(預金や引出し)は現地の銀行になります。

また、現地にいて日本から援助の送金を頼む場合も、ご家族の方へKVB宛の送金詳細を伝え、KVBへ円で送金してもらえば、KVBで現地通貨に換金ができ、その後KVBからお客様が現地で開設した銀行口座へ振り込んでもらうことが可能です。

KVBの円送金の手続きの仕方

まずはオンラインで手続きをします。

オーストラリアへ送金する際のオンラインの申込はこちらからお申込ください。

ニュージーランドへ送金する際のオンラインの申込はこちらからお申込ください。

オンライン申請入力の際のご注意

住所は日本語で入力してください。それ以外はローマ字で入力してください。

資金受取方法には、《現地にて銀行口座を開設するまで保管》をチェックしてください。

オンラインで申請した後、邦人銀行(三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・他の外国送金を取り扱ったいる銀行)から、KVBの指定口座へ円のまま送金する手続きをとります。

※この際、通常の海外送金手数料に加えて、円建て送金手数料が別途必要となります。

KVBに着金後、KVBの格安為替レートでオーストラリアドルまたはニュージーランドドルに自動換金され、KVBにて保管されます。

※KVBの為替レートは日本の法人銀行に比べ1〜2円前後安いので、50万円の円送金で約1万円程度お得になります。

送金時に円建て送金手数料が別途かかったとしても、KVBで換金するほうが充分お得です。

保管証明書の発行は、KVBから申込者へ、お客様のご資金の入金確認と換金の明細書をメールにて発行します。

※現地到着後の連絡先、現地にて開設した銀行口座への振込方法についても案内されます。

オーストラリアまたはニュージーランドに到着後、現地にて銀行口座を開設します。

※現地の銀行口座の開設は、現地にて到着時オリエンテーションの際にジョイネットのスタッフがお手伝いいたします。

口座を開設した後は、KVBへ連絡し、保管していたオーストラリアドルまたはニュージーランドドルを開設した口座へ振り替えてもらう手続きを取ります。

※その際の手続き依頼は、日本語直通ダイヤルがあるので、日本語で手続きができます

※現地で定期預金口座を開設し定額を振り込んでおくと、預け入れ期間中は金額に応じて金利も加算されていきますので非常にお得です。

ご注意

現地で銀行口座を開設した際、キャッシュカードが出来るまでに約2週間程度の時間を要します。

したがいまして、キャッシュカードができるまでの期間(約2週間)については、

口座から引出す事が出来ませんのでその期間分の生活費(約5万〜10万円程度)は、円建てのトラベラーズチェック等で予めご用意しておく必要があります。

お金の事ですから、不安な事もたくさんあると思います。
いつでもお気軽にご相談ください。

・・・・・・・・・・このページのトップへ・・・・・・・・・・

円送金の振込み先

円送金のシステムを利用する場合、渡航国に応じて以下の口座へ円のまま送金ください。

円送金は、海外送金を扱っている銀行から手続きができます。

窓口では円建てのまま送金する旨をしっかりお伝えください。

オーストラリアへ渡航する場合の円送金の振込口座

振込先口座名義 KVB FX Pty Ltd

振込先銀行名 HSBC Bank Australia Limited

振込先銀行支店 Sydney Branch

振込先銀行住所 580 George Street, Sydney NSW 2000 Australia

振込先口座番号 376-936-904 SWIFT:HKBAAU2S #342-011

ニュージーランドへ渡航する場合の円送金の振込口座

振込先口座名義 KVB FX Limited

振込先銀行名 ANZ National Bank Limited

振込先銀行支店 Auckland Central

振込先銀行住所 205 Queen Street, Auckland, New Zealand

振込先口座番号 KVBFXL-JPY00 SWIFT:ANZBNZ22

お金の事ですから、不安な事もたくさんあると思います。
いつでもお気軽にご相談ください。

・・・・・・・・・・このページのトップへ・・・・・・・・・・

円送金のオンライン申込はこちら

オーストラリアへ送金する際のオンラインの申込はこちらからお申込ください。

ニュージーランドへ送金する際のオンラインの申込はこちらからお申込ください。

お金の事ですから、不安な事もたくさんあると思います。
いつでもお気軽にご相談ください。

・・・・・・・・・・このページのトップへ・・・・・・・・・・

各銀行の送金為替レート早見表。

KVBの為替レート(TTSレート)はこちらで確認できます。

CITI Bankの為替レート(TTSレート)はこちらで確認できます。

ANZ銀行の為替レート(TTSレート)はこちらで確認できます。

三菱東京UFJ銀行の為替レート(TTSレート)はこちらで確認できます。

みずほ銀行の為替レート(TTSレート)はこちらで確認できます。

三井住友銀行の為替レート(TTSレート)はこちらで確認できます。

お金の事ですから、不安な事もたくさんあると思います。
いつでもお気軽にご相談ください。

・・・・・・・・・・このページのトップへ・・・・・・・・・・